内転筋(‘ω’)

 

 

 

こんにちは・:*+.\(( °ω° ))/.:+

こころ整骨院中板橋院です!!

 

 

今日は暖かくて良い天気になりそうですね~(*’-‘)♪

 

相変わらず花粉にやられています…

 

早くこの季節が過ぎ去ってほしいです(´;ω;`)

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

今日は「内転筋」という筋肉についてです。

 

電車通勤の際、ふと自分の膝を見てみると……(゚O゚)

 

盛大に開いていることに気が付きました。

 

この状態だと、どんどん下半身の筋肉が低下していくそうです。

 

膝を開いて座ると、内ももの内転筋群が衰え、

 

下半身の脂肪の築盛やお尻の下垂に繋がります。

 

 内転筋の主な役割

 

内転筋は、骨盤を固定し、脚とつなぐ役割をもっています。

 

骨盤にはたくさんの骨がありちょっとした癖でゆがみが出てきてしまいます。

 

これを調整するのも内転筋の役割なんです。

 

内転筋がメインとなる動きは内側に足をひねる内転ですが、

 

股関節の曲げ伸ばしにも一役かっています。

 

 内転筋を鍛えると!

 

スポーツにとっても内転筋は重要で、ほかの筋肉よりも内転筋を強化したほうが

 

明らかに走るのが早くなった!!という研究成果もあります!

 

また、女性の方や太ももの筋肉が発達しすぎた方に多い

 

O脚の予防にも内転筋の筋トレが効果的です。

 

美脚にもなれてしまいます!!

 

 

 

 立ったままできるストレッチ

 

 内もも開いて、膝を曲げて立ちます。

この時手は、腿の中間におきます。

 

 片側に体重を移しながら、膝を伸ばし、

手を曲げている脚に移します。

 

 座った状態でストレッチ

 

 身体を安定させるため、壁に背中をぴったりとつけて、

膝を立てて座ります。

 

 片方の手で握りこぶしを作り、両膝の間に挟みます。

こぶしを挟んだ、息を吐きながら、ゆっくりと5秒かけて

思いっきり両膝を内側に押します。

 

 5秒キープしたら、ゆっくりと力を抜いて10秒休む、

これを3~5セット繰り返します。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

 

良い週末をお過ごしくださいませ~~(‘ω’)

 

ではでは~~(*・ω・)ノ

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

 

☆こころ整骨院

★中板橋・ときわ台・板橋本町で整体といえば、こころ整骨院

☆中板橋商店街のこころ整骨院

★ハニースタイル

☆むち打ちを初めとする交通事故の治療

★ポイントを貯めて綺麗に、健康に

☆エキテン 口コミ

★ラクラク寝るだけトレーニング¨楽トレ¨

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

中板橋の整体・電話番号

こころ整骨院 | 東京都板橋区中板橋15-14

こころ整骨院 中板橋院

〒173-0016
東京都板橋区中板橋15-14
東武東上線 中板橋駅 徒歩3分

営業時間
午前9時~12時
午後15時~20時
(金曜日 午後15時~18時)

東武東上線 ときわ台駅 徒歩11分
都営三田線 板橋本町駅 徒歩14分