甘いものが食べた~い!!

 

 

 

こんにちは(*ゝωб*)b

こころ整骨院中板橋院です!!

 

昨日はバレンタイン!!

 

街には幸せそうなカップルが沢山歩いていました…

 

気温も20℃以上、春一番が吹いたみたいです。

 

今日からまた寒くなっていくようなので、

 

体調管理にお気をつけくださいd(^O^)b

 

 

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

 

 

バレンタイン、チョコはもらえましたでしょうか??

 

突然、甘いものが食べたいな~~なんて時ありませんか?

 

甘いものに限らず、○○が食べたい!となるときがあると思います。

 

そんな時、体がストレス状態にあるかもしれません。

 

 

 興奮を抑える「セロトニン」

 

イライラする…と感じたとき、つい甘いものを食べてしまいますよね。

 

それは、脳内のセロトニンを回復させようとする

 

カラダの反応なのです。

 

糖質をとることで、興奮を抑える脳内の神経伝達物質

 

「セロトニン」が増えます!!(゚Д゚ノ)ノ

 

 女性が無性に甘いものが食べたいとき

 

食事をしてから血糖値が元の状態になるまで、

 

男性に比べて短いという特有の理由があります。

 

だいたい4~5時間くらいといわれていますが、

 

生理前になると3時間、男性は6~7時間。

 

なので、女性が糖質を制限しすぎるとふらふらになってしまいます。

 

甘いものだけでなく、アレが食べたい!!

 

と感じたとき、体はどんな状態なのか調べてみました。

 

 カレーが食べたい

 

カレーに含まれる、スパイスのターメリックの成分

 

「クルクミン」が、悪い思い出を消す効果があるらしいです。

 

「クルクミン」はアルツハイマーやうつ病、不安、心的外傷後ストレス障害

 

などにも効果が期待できるとしています。

 

 肉が食べたい

 

うつ傾向のある人はセロトニンが減少しています。

 

セロトニンの原料が肉に多く含まれる

 

「トリプトファン」

 

ストレスなどにより、免疫力が低下しているときに

 

トリプトファンで体を正常化させようとしているのです。

 

 辛いものが食べたいとき

 

辛い刺激で、ストレスから解放されようと求めているかも。

 

ストレスがあるときは胃酸が多く出て、

 

辛いものでさらに刺激をし胃を傷つけてしまうことがあるので、

 

量に要注意です。

 

辛いと食欲が増すことがあるので、食べ過ぎを助長させてしまうことも。

 

 

体は常にストレスと闘っています!!

 

食べ過ぎはもちろん良くありませんが、

 

適度に食べたいものを食べることは大切ですね( ^ω^ )

 

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

 

先日、本院開院10周年パーティーがありました。

 

皆勤賞で中澤先生が表彰されました!!

 

securedownload (2)

 

おめでとうございます(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

 

これから、より沢山の患者様のためにも

 

こころスタッフ一同が一丸となって

 

良いものを築けるよう頑張りたいと思います!!

 

securedownload (3)

 

ではでは~~o(〃>ω<)o

 

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

 

☆こころ整骨院

★中板橋・ときわ台・板橋本町で整体といえば、こころ整骨院

☆中板橋商店街のこころ整骨院

★ハニースタイル

☆むち打ちを初めとする交通事故の治療

★ポイントを貯めて綺麗に、健康に

☆エキテン 口コミ

★ラクラク寝るだけトレーニング¨楽トレ¨

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

中板橋の整体・電話番号

こころ整骨院 | 東京都板橋区中板橋15-14

こころ整骨院 中板橋院

〒173-0016
東京都板橋区中板橋15-14
東武東上線 中板橋駅 徒歩3分

営業時間
午前9時~12時
午後15時~20時
(金曜日 午後15時~18時)

東武東上線 ときわ台駅 徒歩11分
都営三田線 板橋本町駅 徒歩14分