痛い痛い。

こんにちはʕ→ᴥ←ʔ

こころ整骨院中板橋院です!!

 

 

昨日は、お休みをいただいたので、

ソラマチにお寿司を食べに行ってきました。

 

 

トロ3種盛は口に入れるととろけて~♡

今日のオススメのボタンえびはぷりっぷりで

とっても美味しかったです(っ´ω`)♥

 

 

secd

 

 

 

 

実は、口内炎になってしまいました。

食べても飲んでも痛くて(´;ω;`)

 

 

今日は、口内炎についてお話しします!笑

 

 

原因や症状はさまざまですが、

健康な状態であれば口内炎ができて辛い思いをすることはありません。

 

体の不調のシグナルと考え、日常生活や体調を見直すきっかけにしましょう!!

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆口内炎の種類◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

①アフタ性口内炎

 

表面が白っぽく窪みがあって、

周りが赤い円形、または楕円形の1センチ未満の潰瘍(=アフタ)ができる。

原因は、風邪や体調不良、疲労、ストレス、暴飲暴食、胃の調子が悪いときなど。

口内炎のほとんどがこれです!!

 

 

②カタル性口内炎

 

粘膜が炎症を起こして赤くなったり、荒れたり、白くただれたりする。

下人は、歯ブラシで口内が傷ついた部分に細菌が入り起こる。歯周病や歯槽膿漏など。

 

 

③ウイルス性口内炎

 

唇に白いただれ、高熱や激しい痛み、よだれが多く出る、脱水症状や摂食障害が出ることも。

原因はヘルペスや麻疹、風疹などのウイルスの感染。

 

 

④カンジダ性口内炎

 

舌の表面に白いブツブツがたくさんあらわれるが、痛みはほとんどない。

原因はカンジダ菌(口腔内に常在するカビの一種)によって舌にできる 。

免疫力の弱い子どもや、免疫力が低下している人がなりやすい。

 

 

 

 

★・・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・☆

 

口内炎の予防法

 

 

①口の中を清潔に

 

傷がつかないように丁寧に歯磨きを行い、

イソジンなどの殺菌作用のあるうがい薬で

うがいをするなどして、口の中を清潔に保ちましょう。

食後の歯磨きやうがいは忘れずに!!

 

 

 

②よく噛んで食べる

 

食べ物をしっかり噛むと、唾液の分泌量が増えます。

唾液には粘膜を守ったり、修復したりする作用があるので、

しっかり噛むことで唾液が口内炎予防につながります。

 

 

 

③ストレスを溜め込まない

 

ストレスが溜まっている人は口内炎の発症率が高いというデータは出ています。

また、ストレスがたまっていると、免疫力が低下します。

 

 

④十分な栄養や睡眠をとる

 

早めに就寝することによって、身体の再生を促す成長ホルモンの分泌が増えます。

睡眠や栄養をしっかりとって、規則正しい生活を送るようにしましょう!

 

 

 

⑤ビタミンを補給

 

ビタミンが不足すると、口内炎を発症しやすいと言われているので、

野菜や果物をしっかり摂るように心がけましょう!

特に口内炎予防に必要なのはビタミンB群。(ほうれん草、レバー、牛乳など)

 

 

★・・・・・・・☆・・・・・・・・★・・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・・☆ ・・・・・・・★・・・・・・・☆

 

 

 

「口内炎ができる=生活習慣が悪い」と言っても過言ではありません。

 

 

口内炎が、すでにできている人は、生活習慣を見直し、改善しましょう(*・∀・)ノ゛

 

 

こころ整骨院

中板橋・ときわ台・板橋本町で整体といえば、こころ整骨院

むち打ちを初めとする交通事故の治療

 

 

中板橋の整体・電話番号

こころ整骨院 | 東京都板橋区中板橋15-14

こころ整骨院 中板橋院

〒173-0016
東京都板橋区中板橋15-14
東武東上線 中板橋駅 徒歩3分

営業時間
午前9時~12時
午後15時~20時
(金曜日 午後15時~18時)

東武東上線 ときわ台駅 徒歩11分
都営三田線 板橋本町駅 徒歩14分