痛みと天気

 

 

 

こんにちはヽ(*´∇`)ノ

こころ整骨院中板橋院です!!

 

 

今日、明日はしばらく雨です(´・ω・`)

 

来週木曜日は雨が降るようですが、

 

それ以外の日は良い天気みたいです!!

 

 

さて、今日は痛みと天気の関係をご紹介したいと思います。

 

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

 

雨が降ると腰痛が酷くなるのは気圧の影響?

 

雨の降る日は、なんだか、体調が優れないと、感じる人が多いです。

 
これは、「気象病」と、名前が付くほどのもので、

 
意外と多くの人が同じように不快さを感じています

 

 

雨が降ると、腰痛が酷くなる気がする…と言うのは、

 
気分の問題だけでなく、ある意味正しいのです。

 

 

雨の降る時は、低気圧の時。つまり、気圧の下がっている時です。

 
この気圧が下がると、体内では、「ヒスタミン」が増えます。

 
そして、このヒスタミンこそが、さまざまな気象病の原因となるのです。

 

 

・ヒスタミンによる症状

 

1.血圧の低下

 

ヒスタミンには、血管を広くする効果がありますので、

 
その分、圧力が下がり、気圧と同時に、血圧も下がる傾向にあります。

 
血行不良の状態になりますから、腰痛の症状も悪化します。

 

 

2.水分の滲出

 

ヒスタミンには、血管にある水分を滲出させる作用があるため、

 
身体のさまざまな部分に水分が蓄積し、むくみが起きます。

 

3.痛みが強くなる

 

細胞の膨張作用により、さまざまな器官が触れやすくなるため、

 
痛みに敏感になります。

 

4.自律神経失調状態

 

通常、低気圧のときは副交感神経が優位になるはずですが、

 
ヒスタミンの増加により、逆の司令が出て、自律神経失調症と、

 
同じような症状が起きます。

 

 

腰痛にも、大きく絡んでくる「ヒスタミン」。

 
だから、雨の日には、腰痛の症状が酷くなることが多いのです。

 

 

低気圧になると、腰痛などの体調不良が見られる方は、

 
日頃から、血行の悪くなっている人が大半です。

 

 

特に、体が歪んでいる人ほど、筋肉がかたまってしまっているので、

 
雨が降ると、その症状が酷くなりがちです。

 

 

この改善としては、お風呂でゆっくり体を温める方法や、

 
軽いウォーキングなどの運動をする方法が推奨されていますが、

 
この方法というのは、あくまでも対策になるので、根本の解決にはなりません

 

 

食生活の改善や、睡眠不足の改善も、大きく関わるものではありますが、

 
低気圧でも耐えられる体をつくるのであれば、第一に日頃から、

 
体の歪みを作らないように心掛け、

 

同時にすでに作ってしまった体の歪みを改善しながら
体全体の血行を良くすることを、心がけるべきです。

 

雨が降ると、腰痛が酷くなるのは、

 
低気圧によるヒスタミン原因がありますが、

 
更にその原因を突き進めると、

 
体の歪みからくる、いたるところの筋肉の血行不良に行き当たります。

 

 

是非、その部分に注目して、

 
これからの生活で改善して行くよう、心がけてください。

 

 

当院では歪みの治療をやっていますので、

 

 

お気軽にご相談下さい(*ゝωб*)b

 

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

 

今日は月に一度、全ての院で集まっての勉強会があります!

 

より良いサービスを皆様に提供できるよう、

 

しっかりと勉強して参ります”φ(・ェ・o)~メモメモ

 

 

securedownloadstb

 

新作のスタバがすごく気になっています……(笑)

 

 

 

ではでは!!

 

 

 

 

 

 

 

☆こころ整骨院

★中板橋・ときわ台・板橋本町で整体といえば、こころ整骨院

☆中板橋商店街のこころ整骨院

★ハニースタイル

☆むち打ちを初めとする交通事故の治療

中板橋の整体・電話番号

こころ整骨院 | 東京都板橋区中板橋15-14

こころ整骨院 中板橋院

〒173-0016
東京都板橋区中板橋15-14
東武東上線 中板橋駅 徒歩3分

営業時間
午前9時~12時
午後15時~20時
(金曜日 午後15時~18時)

東武東上線 ときわ台駅 徒歩11分
都営三田線 板橋本町駅 徒歩14分