膝の治療

中板橋の整体・こころ整骨院・ひざの痛み

膝の治療ついて

膝を治療する上で注意しているポイントは下記の3点です。

1、膝で起きている動き
2、膝を支えている筋力
3、背骨からの要素

1では代表的な物があります。
例でいうと、変形性膝関節症によって、ラテラルスラストという膝の外側への横ぶれが膝の内部を破壊していきます。
この負荷に対する治療でやっていくのは、筋力強化、包帯やサポーター、テーピングといったものでの保護、動作の制限が考えられます。

2の支えている筋力についてなんですが、膝にかかる力によって、どの場所の筋力がサポートするか変わります。
ですから、最初に強く緊張している場所を緩めていく必要性があります。
異常のある筋肉は筋力の低下につながるためです。
滑動不全と呼ばれる、筋膜と筋膜の滑りづらい状況も多く発生します。
整形外科では基本的に大腿四頭筋という膝の前方にある1番でっかい筋肉を(僕の知るだいたいの整形外科は伝統的に)強くしています。
なぜかというと、筋力強化が有効的だからなのです。
方法と、患者様の体質、努力量に対して差が出ますし、これだけではしっかり改善される患者様もいます。

3の背骨からの要素ですが、ここの場所はかなり重要です。
お身体が捻れていたり、横にバランスを崩している人は膝の左右にかかっている負担が変わります。
膝が痛くなっている時、ほぼ全ての人が片方ずつ痛くなっていくのですが、これは背骨からきていると思われます。
そして、背骨が歪んでいると背骨というものは筋肉を神経支配しているので、該当した箇所は筋力が落ちる傾向にあるのです。
膝の筋肉はだいたい腰からの神経ですので、腰痛を始め、腰椎、骨盤のトラブルは直接作用しているということです。
そして、膝には特殊な疾患が多々あり、スポーツ外傷の知識と関連します。

中板橋の整体・電話番号

こころ整骨院 | 東京都板橋区中板橋15-14

こころ整骨院 中板橋院

〒173-0016
東京都板橋区中板橋15-14
東武東上線 中板橋駅 徒歩3分

営業時間
午前9時~12時
午後15時~20時
(金曜日 午後15時~18時)

東武東上線 ときわ台駅 徒歩11分
都営三田線 板橋本町駅 徒歩14分